離婚による任意売却


 こんにちは。

住宅ローン問題支援ネット の高橋愛子です。

 

仕事用のスマホ、真っ黒でカバンに入れると見えづらいので、

ネットでスマホケースを買いました↓

gg

届いてみたら、結構ピンク、それも蛍光ピンク的な・・・

仕事で使うにはどうなのだろう?と思いますが、

目立つこと間違いなし!また、「いい年してピンクかよ」と突っ込まれそうですが、

しばらくは、このピンクスマホでお仕事させていただきます。

 

さて、世間を騒がせているベッキー不倫騒動。

様々な意見がありますが、ベッキーさんはテレビなどで、

自分の存在をしっかり理解していて、軽率な行動は起こさないという

自己管理をやりすぎなほど意識していたのでは?と思います。

それなのにこの軽率な行動に驚くとともに、

「恋は盲目」

という言葉が当てはまるな・・と思いました。

真相は、当事者でないとわからないですし、マスコミにとっては、

格好のネタなのだと思うので、しばらくは続くのでしょう。

この問題がこんなに騒がれるのは、相手が既婚者だからです。

既婚者だから「不倫」となり、謝罪、イメージダウンとなるわけです。

これが、ただの熱愛だったらもしかしたらお互いに相乗効果があったのかもしれません。

それだけ、結婚しているということは、重く深い責任があるわけです。

そして、離婚するということも大変なことです。

ただ付き合っているだけの男女であれば、別れればそれで終わりですが、

離婚するということは、お金や親権の問題、相手方が応じなければ

裁判になり、長期戦となるわけです。本当に大変です。

 

住宅ローン問題で常に多いのが、離婚による住宅ローンや家の問題です。

結婚するときや家を買うときはまさか離婚するつもりで購入していないので、

・共有名義

・連帯債務、連帯保証

などで契約しているケースが多いですが、

これがいざ離婚となるとそれが問題となることがあります。

そして、離婚問題は、十人十色。

色々なケースがあり、問題も複雑化しています。

そのなかでも重要な問題が、住宅ローンや家の問題。

売れば終わりだったらいいですが、債務超過(オーバーローン)で売るに売れない・・・

という状況のときが深刻な問題となります。

・離婚したので住宅ローンが払えない

・離婚したので家に住まない

ので売りたいけど、売れない。

離婚破産に陥ってしまうこともあります。

 

そんなときは、任意売却によって最大限キズを浅く解決することが

できるかもしれません。

離婚による任意売却のご相談、アドバイスはお任せ下さい。

リスク、デメリットもしっかり踏まえたうえで一緒に考えましょう。

 


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する