老後破綻にならないために


t02200293_0800106712738362754

こんにちは。(*^▽^*)

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

私の本を読んで下さった方からお手紙をいただきました。

とてもうれしくて何度も何度も読み返してしまいました。。

ありがとうございます。励みになります。

さて、内閣府の意識調査で

「高齢者の定義は何歳?」という質問を団塊の世代の方

3500人に調査をしたものがありました。

一般的に「高齢者」というのは、60歳から65歳以上をターゲット

としていることが多いようです。それは、世界保健機関(WHO)で

「高齢者」の定義を65歳以上としていることが挙げられます。

ですが、今回の調査では、

高齢者=60歳以上と回答したのは、約2%。

65歳以上と回答したのも、約10%。

70~75歳以上と回答した人が80%以上になりました。

高齢化社会において、60歳というのはまだまだ若く、

お仕事を続けている方の方が多いように思います。

そして、60歳になっても住宅ローンの返済がまだ続いている

なんてことはめずらしいことではありません。

65歳完済、老後は悠々自適に過ごす。

という当初の計画も、

転職、リストラ、収入源、ボーナスカット、退職金カットなどで、

年金収入になってもローンが十年以上残っている・・

などよくあるご相談です。

当初の予定の通りに返済できていない方や

年金収入のみで支払いができない方、

ローンの支払いに追われ老後の生活が苦しい方、

などなど、老後破綻に追い込まれている方が最近はとても多いです。

まずは、ご自身の生活を第一に、住宅ローンを見直してみては

いかがでしょうか?

何のための人生なのか。何のための家なのか。

 

無料相談会毎日開催中です。

0120-447-472


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する