任意売却後の残債は相続されないのか?


こんにちは。

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

t01640220_0164022013451862470
最近、はまっているジュース↑

ポンスパークリング

ポンジュースのスパークリング版。

JR神田駅のホームの自動販売機に売っています。

これ、想像以上の美味しさ。

飲んだ瞬間、

「うまっ(ノ゚ο゚)ノ」と言ってしまいました。。笑

最近、神田駅から立川方面へ行くことが多く必ず買っています。

おすすめですよ。

さて、お客様から、

「住宅金融公庫(現在、住宅金融支援機構)の任意売却後の

残債務は、死んだらそこで終わりって聞いたんですけど本当ですか?」

とご質問がありました。

はい、これ、「任意売却都市伝説」の一つです。

任意売却都市伝説とは、私が勝手に名づけているだけなのですが、

任意売却に関する誤解やあり得ない噂が飛び回っているのです。

どこでどう誤解されているのか分かりませんが、

住宅金融公庫の場合は、公的融資なので、死んでしまったらそこで終わりで相続されない。

と勘違いしている人がいるのだと思うのです。

当然、これは誤解で、負債は相続される ので、

いくら公的融資で任意売却後の残債務であろうが、相続はされるので、

相続人は相続放棄をしない限り、借金を負うことになります。

そのため、生前のうちにしっかり対策をとっておくことが大切です。

任意売却後の残債務についてのアドバイスも行っています。

任意売却はあくまで通過点であり、一番大切なのは、その後の生活なのです。

そのサポートができてこそ、この仕事のプロだと私は思っています。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する