先が見えないということ


こんにちは。(ノ´▽`)

住宅ロ-ン問題支援ネット  の高橋愛子です。

知り合いの業者さんから今話題の

歌舞伎フェイスパック

をいただきました↓

t02200377_0800137013231919320

早速、家でつけて写真をとってみましたが、

あまりの衝撃映像になってしまい、こちらではアップできません。。。

歌舞伎というか、お化けのようになってしまいます。

でも、フェイスパックとしての効果は素晴らしく、次の日お肌の調子が良かったです♪

女性へのプレゼントにはネタにもなるし、喜ばれると思います。

さて、お客様からのご相談。

「住宅ロ-ンの返済が厳しく、銀行に条件変更(リスケ)をして払い続けたが、

そのリスケ期間も終了し、延長は絶対にできない。と言われた。

正常返済になると今までの2倍の支払いになってしまい、支払いが厳しい。

年金収入+バイト代で繋ぐ日々。家を売ればと思い査定をしたら、

住宅ロ-ンの方が上回ってる状態で売るに売れない。貯えもない。

どうしたらよいかわからない。」

ということでした。

そして、リスケの延長をお願いした際に銀行の担当者に、

「延長は絶対にできません。弁護士さんにお願いしたらどうですか?」

と言われたそうです。

つまり、払えないなら債務整理(自己破産)をしろということです。

どうしてよいかわからないお客様は、市の運営する弁護士無料相談に行きました。

そこで担当した弁護士に、

「自己破産するしかないですね。」

と言われたそうです。

そこで絶望的になったお客様。

もうこの世の終わりのような気持ちになったそうです。

そこで知り合いの紹介で私のところへご相談に来ました。

年齢的に借り換えもできない。リスケもし尽した。

物件は債務超過で売るに売れない。

「だったら、任意売却しかないですね。」

と普通だったらアドバイスしがちかと思いますが、

私は違います。

「家は売りたくない」

という事情があるからです。

その事情をお聞きし、一つ一つの解決策を見いだしました。

一番初めに結論づけたことは、

自己破産はしない。する必要がない。

ということです。

そこから、先が見えないお客様に対し、

目先から数年先までの「先」を見出してみました。

「先」が見えないということはとても不安です。

そして、その不安にプラスして、

「自己破産しかない」

というアドバイスは非常に苦しいものです。

任意売却や自己破産は、いつでもできます。

そこまでにできることがあるのであれば、それをやり尽くすべきです。

こういった、ご相談が増えてまりいました。

我々専門家は自己の利益を追求する前に、

依頼者の希望や利益を最大限優先するべきです。

ここでいう利益はお金だけではありません。

メンタル面などの精神的なことがとても大切です。

「先」がみえないということはとても不安ですが、

「先」がみえるだけで、人は心の整理ができ、行動することができるのです。

高齢者のロ-ン問題のご相談が増えてきている中、

「どうしたらよいかわからない。」

という不安がとても多いです。

一つの結論をたたきつけることは簡単ですが、

それは誰にでもできることです。

そうではなく、一つ一つ一所に解決していくことが大切だと私は思います。

先が見えずに不安だという方は、

いつでもご相談ください。

私高橋愛子が担当させていただきます【無料相談会】

予約状況↓

3月1日(日) 10:00~

          12:00~

          14:00~    

          16:00~

3月7日(土) 10:00~

          12:00~

          14:00~    

          16:00~

3月8日(日) 10:00~

         12:00~

         14:00~

         16:00~

          

※平日も、もちろん受け付けております。

t02200330_0800120013194907819-1

場所は、銀座のコンサルティングル-ム となります。

中央区銀座3-11-16 G3銀座ビル5階

地下鉄「銀座」駅徒歩5分

都営浅草線「東銀座」駅徒歩1分

日比谷線「東銀座」駅徒歩3分

お申込みはこちらのフォ-ム から

お電話でのお申し込みは、0120-447-472 まで


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する