【重傷】督促状ってどんなの?


こんばんは。(*^▽^*)

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

身体のコリが限界にきたため、マッサージに行ってきました。

すっかり回復!

帰る時にマッサージ店からもらいました↓

t02200256_0800093213221067682

チョコレ-ト。ありがたいです。

これを食べて糖分補給して今日も残業中です。

さて、先日のブログで「督促状ってどんなの? 」という記事を

書きましたが、先ほどブログを読んだお客様から、

「重傷の督促状の例がなかったんですけど、

それが一番気になるんですけど・・」

と言われました。

は((>д<)) はい!すみません。手抜きしたわけではないのですが、

結構重い文章になるため、簡略化して終わらせてしまいました。

重傷(延滞6ヶ月~)となると、下記のような督促状が記録郵便で届きます。(一例)

「請求書」

当社は、貴殿が●●銀行に対して、●年●月●日付の金銭消費貸借契約に

基づいた借入金債務につき、保証をしておりましたが、

貴殿は●●銀行に対し、約定弁済日である●年●月●日以降の弁済をされないため、●年●月●日に「期限の利益を喪失」し、債務残額を「一括弁済」すべき義務が生じました。

その後、貴殿からの弁済がないため、当社は●●銀行より「代位弁済」請求を受け、下記金額を●年●月●日「代位弁済」致しました。

つきましては、「代位弁済」した結果当社が取得した下記「求償債権元本及び利息」、●年●月●日以降完済に至るまでの間の「年14パ-セントの割合による遅延損害金」を直ちにお支払下さいますよう請求致します。

なお、ご返済が無いときは「法的手段」を実行致しますので念の為申し添えます。

代位弁済金額 金30,000,000円也

内訳 元金 29,000,000円

    利息  900,000円

    遅延損害金 100,000円

といった感じです。

赤字部分がキーワードです。

簡単に言うと、

「あなたが借りていた住宅ロ-ン、あなたが滞納し続けたらから

あなたの代わりに私が3000万円を銀行に返しました。

返したお金、全額+全額返済するまでの遅延損害金をすぐに払ってください!

払えないなら、法的手段(競売、裁判)しますよ!」

という感じです。

ここまで来てしまうと、もう一括返済か競売かになってしまいます。

でも、どちらも無理だったり嫌です。

そこで、「任意売却します」と申し出ることにより、

円満解決できる可能性ができるわけです。

ただし、先日のブログでも申し上げましたが、

軽傷のうちから対策を練れば、

・借り換え

・条件変更の相談

・ライフプランの見直し

などで、自宅を売らざるを得ない状況を回避できるかもしれません。

とにかく何度も言いますが、傷は浅ければ浅いほど選択肢は広がるわけです。

「まだ、余裕だから相談するのはやめよう」

と思っている方も、正しい知識と知恵を備えることが大切です。

とりあえず、相談だけ。。

という方もとても多いですので、お気軽にご相談くださいね。

私高橋愛子が担当させていただきます【無料相談会】

予約状況↓

2月21日(土) 10:00~

          12:00~

          14:00~

          16:00~

2月22日(日) 10:00~

          12:00~

          14:00~

          16:00~

2月27日(土) 10:00~

          12:00~

          14:00~

          16:00~

          

※平日も、もちろん受け付けております。

t02200330_0800120013194907819

場所は、銀座のコンサルティングル-ム となります。

中央区銀座3-11-16 G3銀座ビル5階

地下鉄「銀座」駅徒歩5分

都営浅草線「東銀座」駅徒歩1分

日比谷線「東銀座」駅徒歩3分

お申込みはこちらのフォ-ム から

お電話でのお申し込みは、0120-447-472 まで


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する