「期限の利益の喪失」って?


こんにちは。( ゜∋゜)

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

t02200295_0478064012935562738

最近お気に入りのボールペン。

プラチナ万年筆の物。黒と赤、シャーペンの3WEYタイプで、

とっても書きやすいのです♪ 

書きやすいペンを持つと仕事がはかどります~

さて、住宅ローンの支払いが滞ると、督促状などが届きますが、

ある一定の期間を過ぎると

「期限の利益喪失通知」

が来ます。

その名の通り、期限の利益を喪失します。

という通知です。

では、「期限の利益」とはどんな利益なのでしょうか?

「期限の利益」とは、

債務者に一定の期限を与えることで、債務者に与えられる利益のことです。

わかりやすく説明すると、

例えば、

Aさんが、銀行から住宅ローンで2,000万円を借りたとします。

その時に、

○○年で金利が○%、月額○○円ずつ返済し、

○○年後に2,000万円の支払いを終えます。

ただし、1回でも分割の支払いの約束が守れなければ、

残額を一括で返済してもらいます。

という契約をします。

その返済の完了を○○年間待ってもらうということが「利益」であり、

その「利益」を「期限の利益」といいます。

つまり、債務者に与えられる一定の期限=利益ということで、

その分割払いの約束ができなくなったときに、その「期限の利益」が

無くなり(喪失し)、一括での返済を迫られてしまう状態になります。

また、契約の内容によっては、返済ができなくなったこと以外に

「期限の利益喪失」する事項がある場合があります↓

例えば債務者が、

・手形が不渡りになったとき

・銀行取引停止処分を受けたとき

・競売、差押え、仮差押えなどの処分を受けたとき

・破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始などの法的手続を開始したとき

・その他、契約条項に違反したとき

などです。

期限の利益を喪失すると、次に来るのが

「一括請求」

です。

毎月の支払が厳しい状況で、いきなり一括を支払うなど不可能ですよね。

難しい場合は、差押えや競売など法的手続きに入ることになります。

まずは、期限の利益を喪失する前に解決できることがベストですが、

それが難しい場合、期限の利益を喪失してしまった後でも解決策はあります。

出来る限り早い対応が解決のカギになります。

通知がきたら開封して確認することが大切です。

・意味がわからない。

・どうしていいかわからない。

・開封したくない。

という場合でも大丈夫。

わかりやすく説明しますので、捨てずに見せてくださいね。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する